WindowsPE
20131009

確認環境
 使用するソフトウェア : WindowsPE3.0 or 4.0 or 5.0
  Base : PE3.0=Win7 PE4.0=Win8 PE5.0=Win8.1

 作業用システム
  OS : Windows7 64bit
  Windows7Setupデータの入ったドライブ : F:\
  →共有名 : f
  →OSのディスクデータを仮想ドライブ若しくはDVDドライブをマウントしてそのまま共有
  →Setupファイルをそのまま取り出してディレクトリを共有しても問題ないと思われる。
  コンピューター名 : WINSERVER
  IPアドレス : 192.168.11.5

 対象システム(復旧するシステム)
  OS : Windows7 64bit
  システムドライブ : C:\

 WindowsPEを格納するドライブ : 2TBのUSB接続による外付けHDD
 →今回はUSBHDDを使用しますが、256MB程度のUSBメモリでも可
 →全てのデータが初期化される為、予めデータを退避しておく事
概要
 Windows7を利用していたが立ち上がらなくなってしまった。
 システムデータをバックアップしてからOSを入れ直したい。
 DVDドライブや大容量メモリが無い為、OSのは別PC上にあるデータからインストールする。
 以上を踏まえてWindowsPEを使用する。

当環境では以下の状況から実施するに至った。
 メインPCのM/B(P35)が突然死。他のハードウェアは正常
 昔使用していたM/B(P965)に換装をしたものの、OSが起動する見込みはありません。
 サーバー機のSATAポートが全て埋まっており、データの取り出しが不可能であった。
 今後の事を考え、常用しているUSBHDDからブート出来る環境を構築する。
〜作業用PCでの作業(推奨)〜
◆インストール用ディスク作成

◇DISKPART起動
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools>diskpart
 Microsoft DiskPart バージョン 6.1.7601
 Copyright (C) 1999-2008 Microsoft Corporation.
 コンピューター: WINSERVER

 DISKPART>

→ちょっと待ってエンター押すと切り替わる。

◇ドライブの一覧を表示
 DISKPART> list disk
  ディスク 状態 サイズ 空き ダイナ GPT
  ### ミック
  ------------ ------------- ------- ------- --- ---
  ディスク 0 オンライン 59 GB 0 B
  ディスク 1 オンライン 1863 GB 0 B

→対象ディスクがある事
 対象ディスクのナンバーを覚えて置いてください。
 今回は「1」の方を使用します。

◇対象ドライブを選択
 DISKPART> select disk 1
 ディスク 1 が選択されました。

→対象ディスク選択

◇初期化を実施
 DISKPART> clean
 DiskPart はディスクを正常にクリーンな状態にしました。

→データが全て消去されます。

◇パーティション作成
 DISKPART> create partition primary
 DiskPart は指定したパーティションの作成に成功しました。

◇パーティション確認
 DISKPART> list partition
  Partition ### Type Size Offset
  ------------- ------------------ ------- -------
  Partition 1 プライマリ 1863 GB 1024 KB

→今作ったパーティションがある事

◇パーティション選択
 DISKPART> select partition 1
 パーティション 1 が選択されました。

◇アクティブ化
 DISKPART> active
 DiskPart は現在のパーティションをアクティブとしてマークしました。

◇フォーマットする。
 DISKPART> format fs=ntfs label=winpe quick
 100% 完了しました
 DiskPart は、 ボリュームのフォーマットを完了しました。

→NTFSでフォーマットして、ラベルをwinpeとしてクイックフォーマット

◇ドライブ割り当て
 DISKPART> assign
 DiskPart はドライブ文字またはマウント ポイントは正常に割り当てました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

◆ダウンロードして実行
 最近では、導入簡略化ソフトが多数存在しており、これらを用います。
 今回あける氏のWinPe-tch Di8を使用します。
 設定についてはUSBにてブートセクタまで全て行うとし、その他項目は好みによって変更して下さい。
 メモ
  64bit PEを作成
  PE5を作成
  USBブートセクタまで全てを行う
  対象のCD又はUSBドライブ ○:\
  PE起動時のPress and key...を表示しない
  起動関連の不要な言語ファイルを削除する
  RAMドライブの容量:○○MB
〜作業用PCでの作業(3.0の方法 4.0若しくは5.0で作成する場合は省略可)〜
◆ダウンロードしてインストール
 http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?familyid=696DD665-9F76-4177-A811-39C26D3B3B34&displaylang=ja
----------------------------------------------------------------------------------------------------
◆Deployment ツールのコマンドプロンプトを「管理者権限」で開く。
 →スタートメニュー>全てのプログラム>Microsoft Windows AIK>Deployment ツールのコマンド プロンプト

 Updating path to include dism, oscdimg, imagex

  C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\
  C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\..\AMD64;C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\..\x86
  C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\..\AMD64\Servicing;C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\..\x86\Servicing;

 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools>

→ここからはコマンドライン

----------------------------------------------------------------------------------------------------

◆必要なファイルをC直下にコピーします。
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools>Copype amd64 C:\WindowsPE
 ===================================================
 Creating Windows PE customization working directory

  C:\WindowsPE
 ===================================================

  1 個のファイルをコピーしました。
  1 個のファイルをコピーしました。
  1 個のファイルをコピーしました。
  1 個のファイルをコピーしました。
  1 個のファイルをコピーしました。
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\amd64\boot\bcd
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\amd64\boot\boot.sdi
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\amd64\boot\bootfix.bin
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\amd64\boot\efisys.bin
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\amd64\boot\efisys_noprompt.bin
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\amd64\boot\etfsboot.com
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\amd64\boot\fonts\chs_boot.ttf
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\amd64\boot\fonts\cht_boot.ttf
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\amd64\boot\fonts\jpn_boot.ttf
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\amd64\boot\fonts\kor_boot.ttf
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\amd64\boot\fonts\wgl4_boot.ttf
 11 個のファイルをコピーしました
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\amd64\EFI\boot\bootx64.efi
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\amd64\EFI\microsoft\boot\bcd
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\amd64\EFI\microsoft\boot\fonts\chs_boot.ttf
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\amd64\EFI\microsoft\boot\fonts\cht_boot.ttf
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\amd64\EFI\microsoft\boot\fonts\jpn_boot.ttf
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\amd64\EFI\microsoft\boot\fonts\kor_boot.ttf
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\amd64\EFI\microsoft\boot\fonts\wgl4_boot.ttf
 7 個のファイルをコピーしました
  1 個のファイルをコピーしました。

 Success

 Updating path to include peimg, cdimage, imagex

  C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\
  C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\..\AMD64

 C:\WindowsPE>

◇32bitOSの場合は下記
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools>Copype x86 C:\WindowsPE

----------------------------------------------------------------------------------------------------

◆インストール用ディスク作成

◇DISKPART起動
 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools>diskpart
 Microsoft DiskPart バージョン 6.1.7601
 Copyright (C) 1999-2008 Microsoft Corporation.
 コンピューター: WINSERVER

 DISKPART>

→ちょっと待ってエンター押すと切り替わる。

◇ドライブの一覧を表示
 DISKPART> list disk
  ディスク 状態 サイズ 空き ダイナ GPT
  ### ミック
  ------------ ------------- ------- ------- --- ---
  ディスク 0 オンライン 59 GB 0 B
  ディスク 1 オンライン 1863 GB 0 B

→対象ディスクがある事
 対象ディスクのナンバーを覚えて置いてください。
 今回は「1」の方を使用します。

◇対象ドライブを選択
 DISKPART> select disk 1
 ディスク 1 が選択されました。

→対象ディスク選択

◇初期化を実施
 DISKPART> clean
 DiskPart はディスクを正常にクリーンな状態にしました。

→データが全て消去されます。

◇パーティション作成
 DISKPART> create partition primary
 DiskPart は指定したパーティションの作成に成功しました。

◇パーティション確認
 DISKPART> list partition
  Partition ### Type Size Offset
  ------------- ------------------ ------- -------
  Partition 1 プライマリ 1863 GB 1024 KB

→今作ったパーティションがある事

◇パーティション選択
 DISKPART> select partition 1
 パーティション 1 が選択されました。

◇アクティブ化
 DISKPART> active
 DiskPart は現在のパーティションをアクティブとしてマークしました。

◇フォーマットする。
 DISKPART> format fs=ntfs label=winpe quick
 100% 完了しました
 DiskPart は、 ボリュームのフォーマットを完了しました。

→NTFSでフォーマットして、ラベルをwinpeとしてクイックフォーマット

◇ドライブ割り当て
 DISKPART> assign
 DiskPart はドライブ文字またはマウント ポイントは正常に割り当てました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

◆WindowsPE起動用データをUSBHDDに移動する。
 「C:\WindowsPE\iso\」の中身を今作成した「winpe」の名前が付いたドライブにコピー
〜対象システム(復旧するシステム)作業〜
◆それでは起動させてみましょう。
 BIOSの起動デバイス順番を変更するか、ブートメニューを開いてUSBHDDを選択
 →M/Bメーカーによる。Gigabyteの場合はPOST画面でF12

 X:\windows\system32>

 →起動するとコマンドプロンプトが一つだけ立ち上がったWindowsの画面が現れます。
  Windows PE5.0の場合はGUIでの操作も可能であり、下記作業をGUIで実施可能(4.0も?)

◇この時のドライブレターは以下のように認識している事を確認しました。
 起動しなくなったシステムディスク(C:\) : 「D:\」
 WindowsPEの入ったドライブ : 「E:\」
→以上の事から、今回は「D:\」のデータを全て「E:\」へバックアップします。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

◆まずはバックアップ用のディレクトリを作成
 X:\windows\system32> mkdir E:\backup

----------------------------------------------------------------------------------------------------

◆続いて外付けHDDへシステムディスクの中身を丸々コピー
 X:\windows\system32> xcopy D:\ E:\backup /e /c /h
→「/E」=空ディレクトリもコピー 「/C 」=エラー無視 「/H」=隠しファイルやシステムファイルもコピー
→一夜明かすぐらいのつもりで待ちます。
----------------------------------------------------------------------------------------------------

◆最後にネットワーク越しにWindowsを再インストール。

◇まずはネットワークドライブ割り当て
 X:\windows\system32> net use r: \\192.168.11.5\f
→「R」ドライブに作業用PCの共有ディレクトリ「f」を割り当て。
 IPアドレスではなく、コンピュータ名(NetBIOS)でも可

◇セットアッププログラムの実行
 X:\windows\system32> r:\setup.exe
→これでWindowsSetupが出てくるので後は通常通りインストール。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

補足
 USBHDDの容量が少ない場合は、ネットワークドライブにシステムデータをバックアップするのも手。
  X:\windows\system32> net use Z: \\192.168.11.5\kyo-yu-
  X:\windows\system32> mkdir Z:\backup
  X:\windows\system32> xcopy D:\ Z:\backup /e /c /h
 →作業用PCの共有ディレクトリ「kyo-yu-」をマウントしてxcopy

 また、作成したUSBHDDについてはデータ保存用としてそのまま使用しても構いません。
 この場合、状態を復元さえすれば再度WindowsPE起動用ディスクとして用いることが可能。

以上