Mumble Server
20111019

確認環境
 CentOS5.x
 murmur 1.2.3

ボイスチャット「Mumble」のサーバーを立てるメモ。
サーバーリストには公開せず、個人用途での使用を想定し、認証鍵等は実装しません。
◆まずはダウンロード
 [root@Server ~]# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/project/mumble/Mumble/1.2.3/murmur-static_x86-1.2.3.tar.bz2

◆解凍
 [root@Server ~]# tar -jxf murmur-static_x86-1.2.3.tar.bz2

◆アーカイブの削除
 [root@Server ~]# rm murmur-static_x86-1.2.3.tar.bz2

◆解凍したディレクトリをリネーム
 [root@Server ~]# mv ./murmur-static_x86-1.2.3 ./murmur

◆ファイル名を変更するのが主流らしいので(変えないとコマンドが打ち辛い)ファイル名を変更します。
 [root@Server ~]# mv ./murmur/murmur.x86 ./murmur/murmur

◆実行権限を与えましょう。
 [root@Server ~]# chmod +x ./murmur/murmur

◆当環境ではnobodyユーザでうまく動作しない為、専用ユーザを作成します。
 [root@Server ~]# adduser mumble-server

◆上記ユーザ用にファイルの所有者設定を行います。
 [root@Server ~]# chown mumble-server:mumble-server -R ./murmur/

◆設定ファイルを変更してみましょう。
 [root@Server ~]# vi ./murmur/murmur.ini

----------------------------------------------------------------------------------------------------
autobanAttempts = 10
 →「10」回アクセス失敗で一定期間接続拒否
autobanTimeframe = 120
 →上記設定のカウントをリセットする秒数。
autobanTime = 86400
 →接続を拒否する期間
この場合、「120」秒以内に「10」回の接続失敗があれば、「86400」秒(24時間)接続を拒否する。

logfile=/var/log/murmur.log
 →ログファイルの作成先を変更。

welcometext="<br />Welcome<br />"
 →入手室時に表示されるコメント。日本語を使う場合は文字コードを「UTF-8」でこの設定ファイルを保存する事。

port=64738
 →使用するポート。TCP及びUDPを使用

serverpassword=password
 →未登録ユーザーが入室する際に必要となるパスワードを設定。

# Maximum bandwidth (in bits per second) clients are allowed
# to send speech at.
bandwidth=128000
 →音声用帯域の制限値を設定。この場合、「128k」bps

# Maximum number of concurrent clients allowed.
users=50
 →入室可能人数の設定。この場合、「50」人まで
この辺はスペックに合わせて変更しましょう。

uname = mumble-server
 →実行ユーザを指定。
----------------------------------------------------------------------------------------------------

◆スーパーユーザーのパスワードを指定します。
 [root@Server ~]# ./murmur/murmur -supw パスワード
2011-03-15 23:17:47.205 Initializing settings from ./murmur/murmur.ini (basepath /murmur)
2011-03-15 23:17:47.211 OpenSSL: OpenSSL 0.9.8o 01 Jun 2010
2011-03-15 23:17:47.233 SSL: Added CA certificates from '/etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt'
2011-03-15 23:17:47.248 SSL: Adding recommended CA StartCom Certification Authority
2011-03-15 23:17:47.249 SSL: Adding recommended CA UTN-USERFirst-Client Authentication and Email
2011-03-15 23:17:47.249 Successfully switched to uid 516
2011-03-15 23:17:47.251 ServerDB: Openend SQLite database /murmur/murmur.sqlite
2011-03-15 23:17:47.261 Superuser password set on server 1

Mambleにて、「superuser」でログインする際にこのパスワードを使用します。

◆iptablesの設定を変更する。
 [root@Server ~]# iptables -A INPUT -p tcp --dport 64738 -j ACCEPT
 →TCP
 [root@Server ~]# iptables -A INPUT -p udp --dport 64738 -j ACCEPT
 →UDP

◆実際に起動してみる。
 [root@Server ~]# ./murmur/murmur &

うまく動かない場合は「QT4」や「GCC」を入れることで動くようになります。

◆QT4をyumからインストール
 [root@Server ~]# yum -y install qt4 qt4-sqlite

◆QT4だけでうまく行かなければgccもyumからインストール
 [root@Server ~]# yum -y install gcc-c++

◆自動実行に登録しましょう。
 [root@Server ~]# echo "/root/murmur/murmur &" >> /etc/rc.local

◆最後にログローテーション設定。
 [root@Server ~]# vi /etc/logrotate.d/murmur

/var/log/murmur.log {
missingok
notifempty
# 個人的記述
# olddir /var/log/old
sharedscripts
postrotate
killall murmur
/root/murmur/murmur &
endscript
}

ログローテーション設定ファイル

終わり。